過去と現在の採用で見られていた違い

Leave a comment

バブルがはじけて日本経済が沈んでしまってから長い年月が過ぎました。未だ回復できずに、雇用情勢もすっかり様変わりしました。バブル後に生まれた世代が就職する時代になり、不景気しか知らずに育った若者たちは、その考え方すら昔とは変わってきていると言われています。最近の新卒採用は、「夢の」とか「憧れの」等と言う言葉が付くほど、厳しい状況になっています。有名大学を卒業すれば引く手あまたで、一人につき数社の内定が出ていたという時代もあったと言うのに、最近では就職先が決まれば大喜びと言う時代で、やりたい事よりもやれる事をするという風潮になっていると思います。より安定思考になり看護師 求人を探す方も増えています。過去の採用の枠は、各社とも大きく取っていたものです。今ほど中途採用も少なかったと思いますが、新卒で就職できていないと言う人は本当にまれであったように思います。入社式と言えば多くの同期社員に囲まれ、時には競い合ったり励まし合ったりしながら、良きライバルとして仲間としてともに切磋琢磨出来る間柄となっていたのです。

今でも大きい会社であれば同期社員と言うのはもちろん存在する訳ですが、昔に比べればずっと少ないものなのでしょう。不景気社会である現代の多くの会社では、人材育成に多くの予算を割けないと言う風潮があります。このため、何もできず一から育てなくてはならない新卒社員よりも他社で様々な経験を積んでいる即戦力となる人材を求めるケースが増えています。誰しも最初から仕事ができる訳ではないので、社会人としての第一歩として、仕事内容以外の様々な事まで学ぶ事が出来る機会が奪われているというのはとても気の毒な事に思えてなりません。

このような流れから、就職浪人も珍しくない世の中です。大学を出ていて、それほどえり好みをしている訳ではなく、正社員の職が欲しいと思っているだけなのにそれがかなわないと言う事なのです。フリーターも労働者として立派な事ですが、安定を求めたり、よりその分野で実力を発揮したいと言う時には物足りない立場であると言えるでしょう。第一、これからの社会を担うべき新しい世代の若者たちの雇用が安定していないと言う事は、そのまま未来への不安につながるような気がしてならないのです。新卒採用は景気のバロメータとも言えるかもしれません。今はまだ苦しい状況ではありますが、景気がどんどん回復し、若者が思う存分力を発揮できる社会になる事を願わずにはいられません。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*