新卒採用と資格について思うこと

Leave a comment

私は近頃、働き始めたいと思うようになり、就職に関する情報を出来るだけたくさん集めるようにしています。その際に、やはり資格についての情報も集めるようにしているのですが、資格を持っていると、いろんな面で有利になるんだな、と思いました。もちろん、資格であれば何でも良いというわけではないと思うのですが、資格を持っていると、ある分野に関しては、専門的な知識だったり、能力があるということを証明しているわけですから、どういう資格であれ、持っていないよりも、持っていた方が良いのだと思います。また、私は以前、新卒採用と資格についての記事も読んだことがあるのですが、経験や実績のない新卒者にとって、資格は持っていないよりも、持っていた方が、やはり有利になってくるんだそうです。

特に、英語に関する資格は、持っていて損はないようです。英検であれば、準1級以上からが評価されるそうですが、1級ともなると、かなりの英語力が必要となりますから、準1級を目指せば良いのではないかと思っています。また、TOEICの場合は、600点以上から評価されやすいとのことですが、900点以上を持っていると、面接官が驚き、注目されたり、興味を持たれるそうなので、900点以上を目指してみるのも良いと思います。TOEICに関しては、コツをつかめば、900点以上も取れないわけではないと言いますから、頑張って狙ってみるのも良いですよね。また、英語だけに限らず、情報処理に資格も持っていると、有利なんだそうですよ。ビジネスにおいて、パソコンを使用することは当然のことになってきていますから、できるだけ高度な技術を身に着けておき、それを証明できる資格を持っていると、評価されやすいと思います。経理能力を証明することが出来る簿記の資格も、採用の際に、役に立つ資格だと思います。2級以上は、持っていた方が良いんだそうですよ。

このように、新卒採用には、資格の有無が合否に関わることもあるようですから、出来るだけ積極的に資格の取得を目指すことをおすすめします。資格があるからといって、必ずしも合格できるわけではありませんが、資格を取ることで、自分により一層自信を持つことができるでしょうし、それが採用につながることもがあると思うんです。自分に自信がない人よりも、自信がある人の方が、面接官にも魅力的に映るでしょうし、採用したいと思うのではないでしょうか?ですから、新卒者にとっても、資格を取ることは、いろんな面で、とても役に立つことだと思っています。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*